気付けば僕も、陸マイラー。

出張族がSFC取得後に陸マイラーになってからの軌跡

陸マイラー入門:陸マイラーの行動パターン

前回の記事では、マイルを貯めるのか、プレミアム会員を目指すのかの狙いを定めるのが重要と書きました。また、プレミアム会員を目指すにはフライト以外では貯めたマイルを活用するため、いずれにしてもまずはマイルを貯めなければ話にならないことをご理解いただけたかと思います。

 

今回は、そのマイルを貯めるためにどのような行動パターンがあるのかを説明します。

 

実際のフライトでマイルを貯める行動パターン

実際のフライトで貯まるマイルに関しては、ANAの公式ホームページにフライトマイル(とプレミアムポイント)のシミュレーションページがありますので、そちらでいろいろ条件を変えて計算できます。このシミュレーションによれば、変数は以下の4つ。

 

  • 区間基本マイレージ…フライトの距離
  • クラス・運賃倍率…購入した運賃の種別(安いチケットほど倍率低下)
  • 利用カード…ANAカード利用者か、それ以外(単なるマイレージ会員)か
  • プレミアムステータス…プレミアム会員か、それ以外か

 

つまり、より遠くまで、より割引なく正規料金に近いチケットで、ANAカードを使って航空券を買うというのがフライトマイル最大化の基本行動になります。また、ANAカード(スーパーフライヤーズカード含む)のランクを上げること、プレミアム会員のステータスを維持しておくこと(初年度より継続2年目以降の方が高倍率)で、ボーナスマイルというプラスアルファ部分が加速的に増えていくことになります。

 

f:id:thehirock:20160925093549j:plain

 

日常生活の中でマイルを貯める行動パターン(陸マイラー

マイルは、実際のフライトのほかに日常生活でも貯めることができます(だからこそ陸マイラーが存在します)。①クレジットカード等の決済で貯まるポイントをマイルに交換する(あるいは自動的にマイルになる)のは広く知られていると思いますが、それ以外に②クレジットカード会社等の新規入会キャンペーンに積極的に参加する、③ポイントサイトを活用する、のが陸マイラーの定石になります。

 

クレジットカード等の決済で貯まるポイントをマイルに交換する

ここでの基本方針は、できるだけ高還元率、かつ日常の支出を広くカバーできる決済手段の確立が重要になります。また、日常決済で貯まるポイントがマイルに交換できる別ポイントである場合には、そのポイントをいかに効率よくマイルに交換できるかというポイント to ポイントの交換ルートにも注意が必要です。

 

なお効率の良い交換ルートの確保陸マイラーにとって生命線でもあり、これは②、③についても同様、陸マイラー必須の知識になります。

 

クレジットカード会社等の新規入会キャンペーンに積極的に参加する

クレジットカード会社やFX会社などの企業が、新規顧客の獲得などを目論んでは採算度外視のキャンペーンを行うことがあります。最近ではアメックス・ゴールドカードの入会キャンペーンが青天井だったため陸マイラーの草刈り場になり、キャンペーン開始後に条件変更を行うなどいろんな意味で話題になりました。

 

陸マイラーが爆発的にマイルを増やすには、こうした「お祭り」を利用するのが最短距離です。個人情報の提供、口座管理の手間、頻繁に届く郵便物の処理などデメリットももちろんありますが、その辺りを厭わないのであれば参加するに越したことはありません。こうしたキャンペーン情報は多くの陸マイラーブログが目を光らせていますので、アクティブな陸マイラーブログを日々巡回するのが、お得案件を見過ごさないコツになります。

 

ポイントサイトを活用する

ポイントサイトとは、自社サービスを広く知ってもらいたいスポンサー企業のサービスを紹介し、実際にそこから利用者が発生すればスポンサー企業からお金をもらい、その一部を利用者にポイントとして還元する仕組みの広告サイトです。

 

上記のクレジットカードやFX口座の新規開設もあれば、楽天やヤフーショッピングなどのショッピングサイトへの誘導、アンケートへの回答などもあります。普段利用しているサービスがもしポイントサイトにあるのであれば、ポイントサイトを経由するだけでポイントやマイルが貯まっていきます

 

陸マイラーのステップ(完全に主観ですw)

ここから先は完全に主観なのですが、陸マイラーのステップ(心理的バリアーの低い順)を以下のように考えています。自分のライフスタイルに合わせて、無理なく挑戦できそうなものから手を出してみるのが陸マイラー生活を挫折しないコツなのではないかと思います。

 

  1. 飛行機に乗ってマイルを貯める
  2. マイルを貯められるクレジットカードを活用する(ANAカードなど)
  3. マイルに移行できる、身近なポイントを活用する(Tポイントなど)
  4. ポイントサイト経由でのネットショッピングを活用する
  5. ポイントサイトのイベント(クレカ発行、FX口座開設など)に参加する
  6. (未知の世界へ・・・)

 

 ではでは。