気付けば僕も、陸マイラー。

出張族がSFC取得後に陸マイラーになってからの軌跡

はじめに:陸マイラーとなるまでの経緯

2年前までマイレージ会員ですらなかった僕が、海外出張の増加で幸運にもANAのスーパーフライヤーズ会員となり、陸マイラーとして積極的にマイルを獲得していくことを決意しました。これまでマイレージ会員制度を理解する上で戸惑った点やこれからのマイル獲得方針などを記録しておくことで、同じような陸マイラー初心者のお役に立つのではないかと思い、この度ブログを始めてみました。

 

これまで「ポイント」を避けてきた人生だった

 もともと面倒くさがりな性格で、カード類でパンパンになった財布が嫌いということもあり、どうせ使わないからとTポイントをはじめとする各種ポイントカードはほとんど持っていませんでした。「ポイント」と聞くと貯めたお店で割引できるものくらいにしか考えておらず、大して使い道がなく、管理も煩雑ないのにやたら場所を取るポイントカードなんかそもそもいらない、というのが拒絶理由でした。

 

ところが仕事で頻繁に海外に行くようになり、あわててANA マスターワイドゴールドカードを作ってANAマイレージ・クラブ会員となったのが2015年6月(それまでは何の考えもなくAmex(いわゆる雨緑)をメインのクレジットカードとして使っていました)。

 

出張だけでスーパーフライヤーズ会員に

  そこから初めて航空会社系ポイントの世界に足を踏み入れたのですが、最初のころは制度の全体像がわからず常に頭の中が???。そんな状態ながらも2015年でANAのブロンズ会員になり、2016年2月にスーパーフライヤーズカードの存在を知り、どうすればスーパーフライヤーズ会員になれるかを考えてようやく制度の全体像がわかり始めてきました。

 

そして幸いにも2016年8月にANAのプラチナ会員、晴れてスーパーフライヤーズ会員となったのが9月のことでした。ただし、ここまでの間に自分で積極的に行ったのは①利用する航空会社をANAに一本化したこと、②マイルやプレミアムポイントの貯まりやすいクレジットカードを選んだこと、③プラチナ会員到達後にスーパーフライヤーズカードの申込みをすぐ行ったことの3つで、いわば基礎中の基礎。大した苦労もせずSFC会員になれてしまった、というのが実情です。

 

f:id:thehirock:20160924221503j:plain

特典航空券、ポイントの効果を実感した家族旅行

そうこうしているうちにマイルやホテル予約サイトの無料宿泊ポイントも貯まり、この半年で2回、特典航空券を使う機会がありました。1回目は米国出張に妻子を同行させ、2回目はこのシルバーウィーク、家族3人で沖縄旅行。

 

自腹を切ろうものならゆうに60万円以上かかっていただろうに(そしてそんな大金を払うくらいなら行かなかったであろうに)、特典航空券や無料宿泊ポイントのおかげで、わずか10万円ほどで済んでしまいました。

 

これは・・・強力すぎる・・・!

 

陸マイラー初心者が苦労する「仕組みの理解」

人間って身勝手なもので、どれだけ他人に凄い凄いと勧められても興味がないうちは一切頭に入ってこない。情報が意識的に遮断されてるんですよね。ところがいったん興味のスイッチが入ると、あれも知りたい、これも知りたいと関連情報の飢餓状態になっていく。

 

インターネットにはいろんな情報があふれているから、調べりゃわかるだろというのもごもっともなんですが、僕のように情報があっても理解に苦しむ人間がいる。なぜだろう?

 

一例として、マイル獲得とSFC修行では目的が微妙に異なるので、同じ陸マイラーとはいえ必然的に解説のされ方が異なってきます。ところが、ブログを書いている方がマイル獲得目的なのか、SFC修行目的なのかをきちんと理解して読めない初心者は「この記事、よくわからない・・・」と混乱してしまう。

 

そうした初心者がつまづきやすい「理解のツボ」を、同じ初心者目線でできるだけほぐしていきたいというのがこのブログの趣旨のひとつであります。何分新参者ではありますので、誤った理解で説明をしてしまうこともあるかもしれません。その際には、どうぞお手柔らかにご指摘いただけると幸いです。それでは今後とも、ひとつどうぞ宜しくお願い致します。

f:id:thehirock:20160925142412p:plain